墓地

総合的な負担が少ない埋葬

憔悴した表情の女性

清潔感のある内装で人気が高い納骨堂はこちら。親身になって相談に乗ってくれるのでオススメですよ。

大切な家族が亡くなった時、安らかに眠ってもらう場所としてお墓を決める事になります。
日本では様々な埋葬スタイルが存在しており、多くは屋外埋葬をする墓石方式が主流となっていました。
ですが現代では限られた土地を購入して良い材質の墓石を使う埋葬スタイルというのは、平均的な一般家庭にとってハードルの高い方法だと言わざるをえません。
一度建てればほぼ永久となるものの、最低でも200万円前後は費用がかかってしまう昔ながらの墓石埋葬は、経済的に余裕のある家族しか選択できない埋葬方法なのです。
こういった事情が背景にあるので、最近では都会を中心に「納骨堂」という施設集団埋葬方式がブームになってきています。
納骨堂そのものは数十年前から存在していましたが、現代家庭のライフスタイル変化や価値観の変遷に伴い、昔よりも納骨堂に対するニーズはどんどん高くなってきているのでしょう。
主要駅などを周辺に納骨堂施設は数多く建てられており、インターネットで検索すると様々な納骨堂施設を見つけ出す事が可能です。
人気納骨堂をまとめた比較サイトなども出てきていますので、これから家族埋葬について考えているならインターネットで納骨堂調べをしておきましょう。
費用や立地、施設設備や宗教など調べるべきポイントは数多くあります。
何かと生活が大変な都会だからこそ、経済的にもアクセスにも負担の少ない納骨堂利用を検討してみる事をオススメしておきます。
まずは比較サイトなどをチェックしてみましょう。

喪服を着た女性を左から見た姿

カード管理で参拝も快適

最新の納骨堂施設では、いつでもお参りに来てもらえるようカード管理方式を採用しています。施設営業時間内であれば、カード一つで自由に参拝可能となっているので非常に快適なのです。

菊の花

弔いを続けてくれる制度

永代供養制度をお願いする事で、故人へ半永久的な弔いをやってもらえます。なかなか忙しくてお参りに行きづらい家族にとっては、永代供養制度は精神的にも助かる制度ですからお願いしておきましょう。

喪服を着た男性

一年間お墓を守ってくれる

永代供養と併せて気にしておきたいのが、「年間管理費」です。納骨堂運営者がお墓の整備を代理してくれる費用ですので、こちらもできるだけプランに含んでもらうようにしておくのが良いでしょう。